血圧を下げるには食事から気をつけることが大事

food

毎日続ける事に意味がある

food

血圧を下げるための食事としては、カリウムの摂取という観点から、バナナを用いるのが効果的です。これは入手が比較的容易であるのと、味付けや食感に変化を付けやすいので、飽きが来にくいからです。食事療法を継続させるには、根気だけではなく楽しむこともまた必要と言えるでしょう。

詳しくはこちら

健康を維持するために

高血圧の方必見!血圧を下げる食事のポイントを抑えておくことで不調を改善できますよ。詳しくはこちらをチェック!

意識しておくべきこと

高血圧を患っている方は、食事内容を見直す必要があります。これはその状態が続くと様々な病気の原因となり、動脈硬化が促進されて脳卒中や心臓疾患となる場合があります。では、何を気をつければよいのかと言いますと、まず塩分の摂取を控えることです。日本人は比較的辛めな味付けを好む傾向にありますが、血圧を下げるためには減塩を意識した食事を摂る必要があります。しかし、そのことばかりを意識しすぎるとストレスから逆に血圧が上昇する危険性があるので、急に味気のない食事に切り替えるのではなく、徐々に使用する塩分の量を減らしたり、味にバラエティーをつけるなど工夫しながら進めた方が賢明です。また、手早く減塩に繋がるからとキノコやコンニャクばかり使った料理ばかり口にするような真似は避けるようにしましょう。

楽しく食べるために

血圧を下げるには食事から塩分を減らした方がよいと先に記しましたが、それは食べる楽しさを放棄しろと言う訳ではありません。日本人が昔からよく口にしていた青魚や緑黄色野菜などは身体によい成分が大量に含まれているため、それらを用いることにより、楽しみながら血圧を下げることが可能になります。大豆製品もまた血圧を下げるのに役立ちます。納豆などは血栓を溶かして血液の粘度を下げる効果を持つので、朝食は和食だという人はごく自然にそれを摂取できます。カリウムを摂るのも効果的です。こちらはリンゴやバナナ、ほうれん草やパセリといった果物や野菜に含まれているので、デザートやサラダなどにそれらを混ぜておけば違和感なく口にすることができます。

食生活の改善

man and woman

高血圧は動脈硬化を招き、脳卒中や心臓病のリスクを高めます。普段から自分自身の血圧を把握し、数値が高い場合は血圧を下げる食事を心がけることが大切です。食事の塩分を減らし、魚や納豆などのたんぱく質を意識的に摂り入れることで症状の改善につながります。

詳しくはこちら

生活習慣がポイントです

食事中の女性

血圧が高いと、ときには命の危機に及ぶ可能性もあります。そこで血圧を下げることが必要です。そのためには生活習慣や食生活を見直すことが重要となってきます。薄味の食事を心がけ、適度な運動をすることで、血圧を下げることができるのです。

詳しくはこちら

Copyright©2015 血圧を下げるには食事から気をつけることが大事 All Rights Reserved.